新車(スズキ・ホンダ・トヨタ・日産・ダイハツ・マツダ)をお得に購入するなら

見積り無料 下取り可能 全車両可能

[年中無休で営業中] 長期休暇は除く

0537244121

新車の車種を選ぼう

日付:2015年08月07日

カテゴリ:新車購入お得な情報

新車は各メーカー(トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバル、ダイハツ、スズキ)が新車を作って販売しています。
それぞれ各メーカーごとに作っている車種がありますので比べてみて検討してみるのも良いかと思います。

例えばワンボックスだったら、『トヨタならこの車種』『日産ならこの車種』『ホンダならこの車種』といった具合に同じジャンルの新車は各メーカーで作っている場合が多いので是非比較検討してみて下さい。
「デザインはこっちが好きだけど実用性ならこっちの車種がいいな」とか「同じジャンルの車だけどこっちの車種にはこの装備がついていてこっちの車種にはついていない」等デザインだけでなく各メーカーの車種によって若干の違いがある場合があります。
細かい箇所で各メーカーごとに違いがある場合がありますので比較して下さい。

車種を選ぶ中でまず大きく分けると普通車と軽自動車に分かれます。
普通車はナンバーが白色のナンバーで軽自動車は黄色のナンバーになります。
エンジンの排気量が1000cc以上の車は普通車 660ccのエンジンは軽自動車に分かれます。

普通車の定員人数は基本的に5人以上(スポーツカー等除く)軽自動車は定員人数が基本的に4人になります。
新車を購入される場合の税金でも違いがあり普通車の場合 新車を登録する月から月割で自動車税がかかります。
また普通車の場合 新車登録する場合必ず車庫証明が必要になります。
(※軽自動車でも車庫証明が必要な市がありますが登録してから2週間以内の届出が必要になります)

軽自動車の場合 新車登録の際には自動車税はかかりません。
普通車と軽自動車の維持費を比べた場合 軽自動車の方が維持費は安いです。
維持費が安い軽自動車を選ぶか走りの快適さや人数の乗れる普通車を選ぶか660ccのエンジンの軽自動車の中にも細かいジャンルがありますし普通車にはたくさんのジャンルの新車があります。

まずは普通車か軽自動車のどちらがご自分のご希望の新車に合うのかそこから車種を選んでみて下さい。

記事をシェア又は保存する場合は下記をご利用ください

© shinshakakuyasu.com All Rights Reserved.